WiMAXの違約金解説

WiMAXの落とし穴?!解約時の違約金はいくらかかる?

  • 工事不要でどこでもインターネットが使える!
  • 月に何GBでも無制限で使える!

としてポケットWi-Fiの中でも人気が高まっているWiMAX!テレビCMも流れていますし、気になっている人も多いのではないでしょうか?

しかしWiMAXの契約の前に絶対に知っておきたいポイントがあります。

WiMAXは基本2年~3年の最低契約期間が定められており、その期間中は解約せずに利用し続けることが前提となっています。契約期間ごとに定められた契約更新月があり、その契約更新月での解約が基本となっています。

もしこの契約期間を満了せずに解約してしまったり、定められた契約更新月以外に解約すると高額な違約金がかかってしまうのです。

これはどの会社でWiMAXを利用しても共通しているルールなので、絶対に覚えておくようにしましょう。

WiMAXの違約金はいくらかかるの?

この違約金、正直言ってかなり高額です。WiMAXは月額4~5千円程度の定額で使える安さが魅力ですが、この違約金については容赦のない金額が発生します。

一番一般的な2年契約の場合のWiMAXの違約金を例にしてみましょう。

※2年契約の場合のWiMAXの解約時の違約金

契約から0~12ヶ月 19,000円
契約から13~24ヶ月 14,000円
25ヶ月目(契約更新月) 0円
26ヶ月以降 9,500円

 

このように2年契約の場合は、契約から約2年後のタイミングの25ヶ月目で0円となる以外には、解約には違約金が発生してしまいます。

3年契約の場合も同様で、37ヶ月目が契約更新月となり、その以外では違約金がかかります。

※3年契約の場合のWiMAXの解約時の違約金

0~12ヶ月目 19,000円
13~24ヶ月目 14,000円
25~36ヶ月目 9,500円
37ヶ月目(契約更新月) 0円
38ヶ月目以降 9,500円

 

このようにWiMAXの違約金は最低でも9,500円。一番多いパターンで19,000円が発生します。またプロバイダによってこの金額に上乗せして、キャンペーン違約金などを請求されることもあります。

となると最大で2万円以上の違約金を支払わなければならないこともあります。

基本的にWiMAXは契約更新月での解約、定められた契約期間内は必ず使用することを前提として契約することをおすすめします。

WiMAXの評判で多い不満点は、やはりこの違約金!

使い勝手の評判は決して悪くないWiMAXですが、この違約金に関してはかなり不満の声が多く上がっています。

  • 違約金のせいで解約できない!
  • うっかり契約更新月を過ぎてしまって解約の時にお金がかかった!
  • 端末を紛失してしまった!違約金を払って解約するしかない…

そんな口コミがSNSなどのネット上で沢山見つけることができます。

特に多いのが、契約更新月を過ぎてしまうパターンです。

2年や3年に1度、1ヶ月間しか無料で解約できるタイミングがないので、もし他に安いプロバイダを見つけたり、新しい端末に機種変更したくてもできないといった点で悩んでいる人も多いようです。

違約金を無料にする裏技はあるの?

通常のWiMAXプロバイダでは、契約解約月に解約する以外に方法はありません。

(例外として初期解約制度というものがありますが、契約から概ね1週間以内でしか使えない限定的なものです。)

しかしあまり知られていませんが、BroadWiMAXというプロバイダのキャンペーンを利用することで、違約金を無しにできる方法がいくつかあります。

このサイトではその裏技とも言える方法を紹介していきます。

  • 契約途中や契約更新月を過ぎてしまった時に使える方法
  • 端末を紛失してしまった時に使える方法
  • 端末を新しいものに機種変更したい!

そんな時に使える裏技を紹介します。

今WiMAXを解約したいけど、違約金がかかるので困っている!

そんな時にぜひ参考にしてみてくださいね。